風の木クリニック/カウンセラー

名称ロゴ青-影2.jpg  風の木クリニック / 精神科医 高橋和巳

    
   

■ 専門家の方へ (supervisionを行っています)   

クライエントを通じてカウンセラーもまた成長します

  
  

LinkIcon戻る

■個人のスーパーヴィジョンは1回50分から。  
■グループスーパーヴィジョンはお部屋の関係で最大5〜6名まで。

・スーパーヴィジョンは「新しい概念」を獲得する時間です。精神的・心理的なレベルでの「新概念」は書物や文字では伝わりません。体験を通してのみ、人から人へと伝わります。
・カウンセリングで最も重要なこと、それは、最初から最後まで、クライアントを「受容できているか」です。「受容」ができていれば、カウンセリングは自然に、無理なく、進行します。
そして、「受容」ができるためには、精神・心理状態についての広い知識と、深いレベルでの「見立て」が必要です。

group2.PSD
グループスーパーヴィジョン

●個人スーパーヴィジョン

カウンセリングの方向を見定めるために、クライエントがかかえている問題を掘り下げ、見立てを再検討し、問題解決の糸口を見つけ出します。
現在行っているカウンセリングの概要と自分が疑問に思っているところ、迷っているところを出してください。
何が見えていないのか、より深いレベルでの「見立て」を作りにはどうしたらいいかを検討していきましょう。理解が深まれば、自然と解決の糸口も見えてきます。
多くの場合、クライアントは、すでにどこかで解決につながる「言葉」を発しているはずです。カウンセラーがそれに気づければいいのです。(1回50分、15,000円)

●グループ・スーパーヴィジョン

2名から6名くらいまでのグループでスーパーヴィジョンを行います。
受容・見立て・気づきのプロセスをグループ・ディスカッションを通じて学びます。
参加者のどなかた一人が症例を提供してください。具体例と通じて、カウンセリングの基本である「受容」の仕方、カウンセリングが行き詰まっているときの自己チェックの方法、さらにより深い「見立て」に進む方法など、さまざまの段階でsupervision を行います。
見立てを作り直し理解するには、1回50分では不十分のことも多いので、できれば連続2枠(50分×2)を当てるのが理想的です。(50分、15,000円)

■申し込み方法

■個人スーパーヴィジョンは1回50分のカウンセリングの枠内でいつでもお申し込みできます。
■グループスーパーヴィジョンは最大6名までのグループをお作りになり、その代表者がお申し込みください。1回50分のカウンセリングの枠内、あるいは連続2枠100分でいつでもお申し込みできます。